ヤクザ

四代目山口組組長【竹中正久】武勇伝・エピソード・刺青情報まとめ/日本ヤクザ・暴力団(2022年11月更新)

竹中正久といえば、日本最大の暴力団「山口組」の四代目組長であり、初代竹中組組長でもある伝説の親分です。

この記事では、伝説の組長・竹中正久さんについて詳しく紹介していきます!

竹中正久のプロフィール

  • 1933年11月30日に生まれる。
  • 8男5女の兄弟で、この内ヤクザになったのは、三男の竹中正久、四男の英男、五男の正、六男の修、八男の武であった。
  • 1960年8月、地元の不良を糾合して竹中組を結成。

山口組との縁の始まり

  • 1961年12月13日、山口組から幾度と加盟の打診を受けて、三代目山口組組長・田岡一雄から盃を受け、直参となる。
  • 1962年、数百人の部隊と敵地・福岡に乗り込んで検挙された「博多事件」などで、山健組組長・山本健一から絶大な信頼を受ける。
  • 1971年、山口組若頭・梶原清春が海難事故で急逝。後藤若頭はともに若頭補佐の山本健一と山本広による決選投票で選出することとなった。
    投票の結果、山本広が勝ったが山本健一の直訴により、田岡一雄から山本健一が若頭に指名された。
  • 1978年2月、地元組織などの抗争などで懲役2年の実刑判決が確定し、1979年9月まで神戸刑務所で服役。
    出所の際には、組関係者ら約1,000人が出迎えた。

竹中正久、山口組四代目組長への経緯

  • 1981年7月、山口組組長・田岡一雄、翌1982年2月の若頭・山本健一の相次ぐ死で、トップとナンバー2を巡る争いとなる。
  • 1982年6月、山口組若頭に「山本健一の意志」として竹中正久が就任。組長代行には山本広が就任し、山健派対山広派の様相を呈すこととなる。
  • 1982年8月、竹中正久は若頭就任間もなく賭博開帳による収益が無申告だった所得税法違反で逮捕され、翌1983年6月まで勾留された。
  • 1984年6月5日、山口組内では過去に悲運を味わった山本広に同情する声も多かったが、竹中正久は三代目の妻であった田岡文子の強い意向で山口組四代目を受諾。
  • 1984年7月10日、山口組四代目の継承式が執り行われた。
  • 田岡文子に反発した山広派は山口組を脱退、一和会を結成し、山一抗争へと発展した。
    勢力数こそ当初は一和会山口組を上回っていたものの、武闘派・竹中正久四代目の怒涛の攻撃を前にして一和会は徐々に弱体化したが、密かに竹中暗殺を計画。
    1984年9月には暗殺部隊を結成。
  • 1985年1月、竹中正久に懲役6ヶ月の有罪判決が確定。
  • 1985年1月26日、収監前の竹中正久は神戸の山口組新本部の上棟式の後、大阪府吹田市のマンションで、待ち伏せていた一和会・二代目山広組系組員に銃撃され意識不明のまま翌27日に死亡した。
  • 竹中正久に同行していた若頭・中山勝正(豪友会会長)も射殺され、山口組は短期間の間に、再びトップとナンバー2を失う事態となった。
六代目山口組組織図
【六代目山口組】来歴・系譜・施設・組織図まとめ/日本ヤクザ・暴力団(2022年11月更新) 概要【六代目山口組】 六代目山口組(やまぐちぐみ)は兵庫県神戸市灘区篠原本町4-3-1に本部を置く特定抗争指定暴力団。 ...

竹中正久の刺青は?

「ヤクザ=刺青」というイメージが広く定着していますが、竹中正久には刺青ははいっていませんでした。
また、実弟の竹中武も同様に刺青は入ってなかったと言われています。

竹中正久のエピソード

「荒ぶる獅子」との異名

竹中正久といえば「荒ぶる獅子」との異名を持ち、敵対組織ばかりか身内でも筋が通らぬと思えば強硬に出た。

趣味や生活スタイルは?

竹中正久は潤沢な資金を有していたが、山口組四代目に就任するまで豪邸を建てるなどの豪華なことはしなかった。
また、非常にストイックな性格で、贅沢は好まず、用のない限りは極力事務所を離れなかった。
普段の事務所では六法全書を読んだり、将棋をよく指したりして過ごし、普段の食事も子分と全く同じものを食べていたが、ホステスや芸能人に接した際にはチップをはずんだという。
また地方に出かけた際、系列組織が一夜の妻を提供しても手をつけなかった。

嫁や子供はいるの?

竹中正久の奥さんや子供についてよくわかるエピソードを紹介します。

地方に出かけた際、系列組織が一夜の妻を提供しても手をつけなかった、というエピソードがあります。
これは竹中正久自身「子供がいると、この世にしがらみを残す。極道に女房・子供は不要」との考えを持っており、長年同棲していた女性がいたが、生涯独身を貫いたそうです。

竹中正久の最期

普段から「人間、死ぬときは何したって死ぬ。モチ食うたかて運が悪きゃ死ぬやろ」と護衛をつけることを嫌い、結果的に刺客を防げず凶弾に倒れることとなりました。

六代目山口組二次団体一覧
【六代目山口組】二次団体一覧/日本ヤクザ・暴力団(2022年11月更新) 【六代目山口組】二次団体 茶谷政一家(北海道) 二代目旭導会(北海道) 四代目誠友会(北海道) 七代目...